じゃこ天堂

宇和島発 単身赴任おじさんのじゃこ天ワールド探訪記

【じゃこ天 11枚目】島原蒲鉾 さんの『手押し 宇和島じゃこ天』

10連休でかなりサボってました。コツコツ再開していきます。

宇和島郊外にある老舗

島原蒲鉾さんの本店は宇和島市内から少し離れた場所にあります。車で約15分走ると国道沿いに大きな建物を見つけることができます。こちらも大手の蒲鉾店だけあって、店内は広くとても綺麗で和風な上品さを感じる造りになっています。

f:id:mikageya:20190508165538j:image

ショーケースには贈答用の蒲鉾などが並べられており、その一角にありました。

f:id:mikageya:20190508165626j:image
f:id:mikageya:20190508165634j:image

女性店員さんにお聞きすると、やはり手押しをオススメしてもらいましたので、それを購入することにします。写真は5枚入りになっていますが、それより少なくても快く対応してくださいました。

 

で、こちらがそれ。

手押し宇和島じゃこ天 1枚 184円(税込)

f:id:mikageya:20190508171220j:image

綺麗なきつね色のじゃこ天を包装してシールを貼ってくれます。こちらの商品名は宇和島じゃこ天。お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまでご紹介したお店で言えば薬師神蒲鉾さん、安岡蒲鉾さんも宇和島じゃこ天を商品名とされていました。あとで掲載しているリーフレットにも書かれていますが、宇和島蒲鉾協同組合では『宇和島じゃこ天』を地域団体商標として登録して守っていこうとしているそうです。そう言えば他店でも『宇和島じゃこ天』って言うマークが店先や配達する車についてます。
f:id:mikageya:20190508171246j:image
f:id:mikageya:20190508171241j:image

そんな話はこれくらいにして。ご覧ください。手押しならではのいびつさながら、丸みをおびて厚みもしっかりある長方形です。少し粗めのすり身は野性味溢れ、旨味が感じられます。また歯ごたえは、跳ね返すような弾力ではないけれど、ギュッと噛むと抵抗を受けながらゆっくり沈んでいくような感じ。美味しいです。

 

リーフレットはカラーでお店の想いが随所に見られます。黒を基調としたカッコいい仕上がりになっています。

f:id:mikageya:20190508165803j:image
f:id:mikageya:20190508165810j:image

島原蒲鉾さんのじゃこ天は、地元でもスーパーや駅などで売られているのをよく目にします。本店までは来られないと言う方は、宇和島市内にも店舗があります。(いずれ詳しく紹介します)

ホームページはこちら↓

じゃこ天・蒲鉾 贈答|愛媛 島原かまぼこ

 

さらに場所はこちら。駐車場は店の前にあります。