じゃこ天堂

宇和島発 単身赴任おじさんのじゃこ天ワールド探訪記

【じゃこ天 29枚目】二宮てんぷら さんの『じゃこ天ぷら』

 

 

今はグーグルマップなどがあるので調べれば分かるでしょうが、知らなければなかなか入ることはないだろう細い路地の奥に入っていきます。

八幡浜じゃこ天のレジェンド

進んだ先で看板を出すのが、二宮てんぷらさん。メディアにも何度も取り上げられている八幡浜じゃこ天のレジェンド的お店です。

f:id:mikageya:20200122124658j:image

 

年季の入った暖簾をくぐって中に入ると、湿気を含んだ空気と魚の匂いがします。床も濡れていて、ついさっきまで水仕事をしていたことが分かります。
f:id:mikageya:20200122124703j:image

 

お店の中ほどに上がり口があり、引き戸のガラス窓から中にいるおじさんが見えます。テレビとコタツでもあるような様子で、声をかけるとすぐに出て来てくれました。
f:id:mikageya:20200122124722j:image

 

じゃこ天をいただきたい旨を告げると、すでに5枚入りにパッケージされたじゃこ天を出してくれます。聞けば早朝4時から作業して、すでに今日の分は作り終えたようで、たくさんいるなら道の駅にあると思うと教えてくれました。

じゃこ天ぷら 5枚入り 800円(税込)

今回はこちらを1ついただいて帰ります。
f:id:mikageya:20200122124709j:image

 

美味しそうなきつね色に揚がっています。八幡浜じゃこ天っぽく少し丸みを帯びたずんぐり四角形。厚みは普通でしょうか。
f:id:mikageya:20200122124716j:image

 

しっかりした旨味が感じられ、塩気が程よく効いています。甘みはそれほどありませんが少し粗めのすり身は弾力もあって旨い!
f:id:mikageya:20200122124732j:image

 

おじさんが言うには100年以上は続いているそうで、昔から変わらず愛される理由は食べたら分かります。

リーフレットのようなものがないかお聞きしましたが今は切らしているそう。また改めてお邪魔したいと思います。